DIVA LIGHT

フランス★ルルド「聖なる女神と奇跡の水に出会う旅」

フランス★ルルド「聖なる女神と奇跡の水に出会う旅」
ルルドの泉の奇跡が正式に認定されたそうです❣️ディヴァライトでは毎年ルルドの泉に行く「フランスマジカルミステリーツアー」を行っています。
みなさんもルルドの泉に行きませんか?すばらしい祈りの旅です♥
*********
「聖なる女神と奇跡の水に出会う旅」
2019年5月29日(水)~6月4日(火)
(現地)
ルルドの泉、ダヴィンチコードで有名なレンヌルシャトー、世界遺産のカルカッソンヌや逆さまの山ブガラッシュ、カタリ派終焉の地モンセギュール・・・地元の人のみが知る秘密のパワースポットを巡る女神旅。

5月28日(水)夜便で羽田空港からフライト。ブラック・マリアの教会などトゥールーズ半日観光後ルルドへ。奇跡の泉のお水をいただき、ご希望の方は沐浴もできます。サンクチュアリ以外にも見どころがたくさんあるのでゆっくり市内の観光もできます。ブガラッシュ山などのパワースポットを巡りなからキヨンを拠点にミルポア、カンカッソンヌ、レンヌレバンでアニさんのワークショップ、レンヌルシャトーにあるテンプル騎士トビさんのお宅でハープ演奏会、お話会、地元のブランケット(発泡ワイン)をいただきながらのフィナーレなどを予定しています。4日現地解散、ご希望でパリ観光も追加できます。

武藤悦子は全行程ご一緒させていただきます。現地コーディネーター&通訳のKyoko、ディヴァライトの野村も同行します。世界的なハープ奏者でサウンドヒーリングのアニ・ウイリアムズや現代のテンプル騎士団のトビ、万全の態勢でみなさんをお迎えします★

********
日程 5月29日(木)~6月4日(水)
(現地6泊)
★残席わずか 申し込み締め切り4月20日(土) ご検討中の方もその旨お知らせください。
※催行決定前につき、変更がある場合もあります。予約の前にご確認ください。

★ツアー代金 45万円程の予定(為替の変動や参加人数などにより多少変更があるかもしれません。決定次第お申込みの方へ連絡いたします)
ツアー代金に含まれるもの:宿泊費、全食事代(朝昼夕食)、ホテルからの移動のチャーターバス代、ワークショップ代、施設の入場料、インストラクター、ガイド代、通訳代など。
ツアー代金に含まれないもの:日本国内の移動の交通費、航空券代、日本国内でのお食事代

★おすすめポイント
・ルルドの泉、聖母マリアとマグダラのマリアや女神イシス、カタリ派の聖地を訪ねる「失われたブルーを探して~イエロー(怖れ)を超えてブルー(やすらぎ)を~聖なる女神に出会う旅」です。
・聖なる水や泉、塩に関する場所も巡る、癒しと浄化がテーマです。
・ルルドは2泊とも同じホテルに宿泊いたします。泉のあるサンクチュアリから数分。周りにはホーリーグッズやお土産のお店がたくさんあります。
・その後はキヨンを拠点に同じホテルに宿泊します。毎日パッキングしたりほどいたりすることがありません。
・観光やワークショップ、世界遺産めぐりなどに出かける際は、毎日私たち専用のバスでホテルまでお迎えに上がります。お帰りもホテルまでバスでお送りします。自分たちだけしか乗りません。安心でくつろげます。
・訪ねる先々での楽しみのランチも、毎日厳選したレストランへ行きます。「ダヴィンチコード」で有名な謎の司祭ソニエールのお庭だったレストランへもいきます。フランス語のメニューがわからず困ることもありません。ベジタリアン、ヴィーガンにも対応します
(旅行代金に含まれています)
・英語が通じないフランスですが、フランス語がわかる者が同行いたしますから安心です。
・シャーリー・マクレーンも大絶賛の世界的に有名なアニ・ウィリアムズさんがわたしたちだけのためにワークショップをしてくださいます。アニさんは、かつてはセドナに住み、オーラソーマを愛好し、現在はフランス在住のすばらしい女性です。聖地でのハープ演奏やサウンドヒーリング体験とマグダラのマリアについてなどのお話をしていただきます。
・現代のテンプル騎士トビに聖杯伝説、マグダラのマリア、トルバドゥール(吟遊詩人)、タロットや錬金術などのお話をたくさんしていただきます。
・24時間武藤悦子がサポートします。毎日シェアリングの時間を取り、個人セッション希望の方には対応可能です。
・中世の街並みや大聖堂で有、な世界遺産にもなっているカルカッソンヌや水の聖地レンヌ・レ・バン、
「ダヴィンチコード」で有名なレンヌ・ル・シャトー、薔薇色の街トゥールーズなども訪れます。
・巷には知られていない
地元の人しか知らない特別な場所、パワースポットや聖地を巡ります。マルシェに出かけたり、クリスタルショップや地元のかわいいお店にも行きます。
・普通の観光ツアーにはない、ミステリアスでスピリチュアル、オリジナルでスペシャルなフランスの旅です。一生忘れられない、人生を変える旅になるでしょう。


『パワースポットには招待状がないと行けません。みなさんは過去生においてフランスのこの地に関連があったり、何かのカルマを解放するためにこの旅に行くことになったのだと思います。一緒に行く方々もつながりがあるご縁のある方々なのだと思います。さあ、何が起こるか楽しみですね! 武藤悦子』

★行程
5月29日 現地空港集合 薔薇色の街トゥールーズ観光 ブラックマリアの教会 → 夜 ディナー後ルルドのキャンドルプロセッション(ミサ)参加 世界中から集まる何千人もの人との祈り 宿泊地ルルド(4つ星ホテル)
5月30日 
沐浴(希望者) → ルルドサンクチュアリ内の大聖堂など見学、奇跡のお水、ルルド市内観光(ベルナデッタの家など) ホテルへ戻りディナー 宿泊地ルルド(4つ星ホテル) 
5月31日 午後 モンセギュールやパワースポット(車窓の場合あり)を経てキヨンへ移動 ホテルでディナー 宿泊地キヨン(以降全日同ホテル)
6月1日 
10世紀の建物が残るミルポア見学:クリスタルショップなど → フランス第2の観光地、世界遺産カルカッソンヌ:中世の要塞都市 コンタル城や城塞の中をゆっくり散策やショッピング (時間によってはチョコレートファクトリー、オーガニックショップなど立ち寄る場合あり) ホテルでディナー 宿泊地キヨン
6月2日 世界的ハーピストでミュージックセラピストのアニ・ウィリアムズさんワークショップ レンヌレバン:恋人たちの泉、妖精の沼、イシスの椅子(会場は天候により変更になります) 
ホテルでディナー 宿泊地キヨン
6月3日 「ダ・ヴィンチ・コード」で有名なレンヌルシャトーをアニさんのガイドでまわります。現代のテンプル騎士トビ氏のお宅でワークショップ。ブランケット(シャンパンのような発泡ワイン)をいただきながらのフィナーレ 
ホテルでディナー 宿泊地キヨン
6月4日 朝ホテルを出発 → トゥールーズ空港で解散 → パリ経由で帰国:
ご希望により奇跡のメダイ教会立ち寄り後の帰国も可
※時間などの関係で行程は前後したり、立ち寄り先が割愛されることもあります。ご了承ください。

ツアーの様子をディヴァライトフェイスブックでご覧いただけます。
https://www.facebook.com/DivaLight/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

★ワークショップ担当講師のご紹介
【アニ・ウイリアムズ Ani Williams】
国際的に有名なハープ奏者、歌手。巡礼ツアーのガイドやサウンドセラピーのセラピスト。
彼女の音楽は古代のスピリチュアルな叡智に基づき、「彼女の世代の最も有名なハープ奏者であり、歌手の一人。女性の聖 なる音楽のパイオニア」といわれ、1980年代から世界中で演奏活動をしています。そのオリジナル音楽は、24枚以上ものアルバムに収録されており、「とてもエキサイティング・・・マインドとボディが生まれ変わる」と絶賛されました。世界的に有名な雑誌などで多数紹介されています。
サウンド ヒーリングにも精通しており、音楽の音色、人間の声と癒し との関係について研究を深め、1994年、ソンガイア サウンド メディスンを設立しました。古代の音楽科学と 近代のミュージュクセラピーを統合したハーメティック サウンド アルケミーのプラクティショナー、ティーチャーとして活動し、セミナーやトレーニングはヨーロッパ各地やアメリカで開催されています。
14年間住んでいる南フランスの歴史の研究もライフワークのひとつで、そこで得た興味深い古代の叡智や豊富な知識を、訪れる人に歌をやお話を通してシェアする活動も続けています。

【ジョセフ・アンドレアス・ドブラー(トビ)】
歴史研究家、テンプル騎士。
退職後に歴史的研究を深め、特に南西フランスの歴史を研究中。ゲルダ・マリア・ドブラー
夫人とともに23年間レンヌ・ル・シャトーに住み、エジプトの女神イシスに始まり、マグダラのマリアと深く関わる。この地の歴史研究を深めている。マグダラのマリアに関する造詣は深く、最新の情報にも精通している。
夫妻は世界最大のテンプル騎士団Sovereign Military Order Temple of Jerusalem (OSMTH)  (エルサレムの寺院の主権軍組織)に所属し、レンヌ・ル・シャトーで聖マグダラのマリアの26番司令官組織を設立する。

【ティム・ウォレス】
「ダヴィンチコード」の元本にもなった本の著者。歴史家・作家。ダブリンのユニヴァーシティー・カレッジで医学を専攻し、精神分析医の資格を取得。世界各国での講演も行っている。『The Mark of Beast』『Rosslyn』『Rex Deus』など、いずれもヨーロッパ諸国で翻訳されたベストセラー。ナショナルジオグラフィックなどテレビ出演も多数されており、かのグラハム・ハンコックとも親交が深い。テンプル騎士団や聖杯伝説、トルバドゥール(吟遊詩人)、タロットや錬金術などに精通している。

・ドブラーさんが所属する組織テンプル騎士団Sovereign Military Order Temple of Jerusalem (OSMTH)  (エルサレムの寺院の主権軍組織)の概略について
1705 年にフランスで創設され、1805年ナポレオンによって正式な組織として認められる。国連特別諮問機関として認められた唯一のテンプル騎士団で、40ヶ国 以上もの国々の人々によって構成されている。非常に厳しい会員資格基準を満たした男女が参加しており、政府高官、外交軍隊員、上級聖職者、軍士官、医師、 外科医、技術者、歴史家のように教育された専門家の世界的ネットワークで運営される。


ご不明な点や詳細などはディヴァライトへ直接お問い合わせください。
下の申し込みフォームから、もしくはメール、お電話などでも。
info@divalight.com
03-6451-7830

コース日程

只今、準備中です…
©2019 DivaLight All Rights Reserved.