DIVA LIGHT

糸かけアングル曼荼羅

糸かけアングル曼荼羅
瞑想的で不思議な曼荼羅の世界観・宇宙観を体験できるワークショップです☆

教育の一環として、子供達に素数を教える時にシュタイナーも取り入れていたと言われる「糸かけ曼茶羅~マンダラ~」

あなたが創る世界にひとつだけの作品
 「糸かけアングル曼茶羅」
芸術の秋、新しいアートに触れてみませんか♪

【糸かけ曼荼羅とは】

シュタイナー教育では、小学生が素数の勉強をする際に「素数の糸かけ」「糸かけ盤」と呼ばれるものが使われています。
木の板にピンを打ち、糸をかけていくシンプルで簡単なものです。

数学者が未だに解き明かせない謎があるという素数は、宇宙の神秘にもつながります。
この神秘の数、素数にしたがって糸をかけていくと、全部のピンに一度ずつかかりもとのピンへ戻っていきます。
繰り返し糸をかけていくことによって、幾何学模様が幾重にも重なりあった美しいパターンが生まれます。

直感で色を選び、釘の数を数えながら集中し規則的に糸をかけていくことで瞑想状態のようになります。
右脳と左脳をバランスよく使うことで脳の疲労回復にもなります。

1色かけ終わる度に新たな姿を見せてくれる曼荼羅。
糸をかける順番と使う糸のカラーよって、全く違った曼荼羅になります。
選んだカラーの意味から自分を深く見つめていくこともできます。

※素数=1とその数でしか割れない数のこと

【内容】
お好みの色とりどりの糸をかけて、糸かけアングル曼茶羅を作成していきます。
使う糸の色や数字(数秘)から、制作途中で色々な気づきやある種のパターンの発見、ヒントになるキーワードが見つかることもあります。

糸かけの土台から作っていきます。
ドライバー、ビス、目打ち棒などを使った工作になります。
終了時間は進み具合により多少の個人差がございます。

作り方は丁寧に指導させていただきますので、初めての方もお気軽にご参加ください。

入門編「32」(初めての方やお試しで作成したい方向き)
初級編「48」(バランスを取るために素数以外の数も使用する内容)
中級編「64」(素数のみの曼荼羅にトライしたい方向き)

普段メガネやコンタクトレンズをつけている方は必ずご持参ください。
その他の持ち物は特にありませんので、手ぶらでお越しください。

講師 naomi
※2名から開催いたします。
©2017 DivaLight All Rights Reserved.