武藤悦子のブログ

Over The Rainbow

「動物たち」や「いのち」を大切にする世界にしていきたい✨✨✨

以前、以下のブログを見つけました✨私も全く同感です。思わず涙があふれてきました。もっと「動物たち」や「いのち」を大切にする世界にしていきたいです。
*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚・*
「78円の命」
 
第41回 T市小中学生 話し方大会 最優秀賞作品 6年生 Tさんの作文
 
近所に捨てネコがいる。
そのネコは目がくりっとしていて、しっぽがくるっと曲がっている。
かわいい声をあげていつも私についてくる。
真っ黒なネコだったので、魔女の宅急便から「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。
人なつっこい性格からいつの間にか近所の人気者になっていった。
 
子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。
赤ちゃんを産んだのだ。
でもキキは捨てネコだったので、行き場所のない子ネコたちを近所の鈴木さんが預かってくれた。
毎日のように子ネコたちを見に行って、まるで自分の飼いネコのようにかわいがった。
 
ある日、突然子ネコの姿が見えなくなった。
そこで鈴木さんに尋ねてみると、「○○センターに連れて行ったよ」と、うつむきながら言った。
私はうまく聞き取れず、何を言っているか分からなかったが、たぶん新しい飼い主が見つかる所に連れて行って幸せに暮らせるんだなと思った。
 
次の日、学校でこのことを友達に話したら「保健所だろ?それ殺されちゃうよ」といった。
私はむきになって言い返した。
「そんなはずない。絶対幸せになってるよ」殺されちゃうという言葉がみょうに心にひっかかり、授業中も保健所の事で頭がいっぱいだった。
 
走って家に帰ると、急いでパソコンの前に座った。
『保健所』で検索するとそこには想像もできないざんこくなことがたくさんのっていた。
 
飼い主から見捨てられた動物は日付ごとにおりに入れられ、そこで3日の間、飼い主をひたすら待ち続けるのだ。
そして飼い主が見つからなかった時には、死が待っている。
 
10匹単位で小さな穴に押し込められ、二酸化炭素が送り込まれる。
数分もがき、苦しみ、死んだ後はごみのようにすぐに焼かれてしまうのだ。
 
動物の処分、1匹につき78円。
動物の命の価値がたったの78円でしかないように思えて胸が鳴り張りさけそうになった。
そして、とても怖くなった。
 
残念ながら、友達の話は本当だった。
調べなければ良かったと後悔した。
 
現実には年間20万匹以上の動物がこんなにも悲しい運命にある事を知り、さらに大きなショックを受けた。
動物とはいえ、人間がかけがえのない命を勝手にうばってしまってもいいのだろうか。
もちろん人間にも、どうしても動物を育てられない理由があるのは分かっている。
一体どうすればいいのか分からなくなった。
 
キキがずっと鳴いている。
大きな声で鳴いている。
いなくなった赤ちゃんを探しているのだろうか。
鳴き叫ぶその声を聞くたびに、パソコンで見た映像が頭に浮かび、いてもたってもいられなくなり眠れない夜が続いた。
キキのかわいい声もいつの間にかガラガラ声に変わり、切なくなった。
言葉が分かるなら話をしたい。
私はキキをぎゅっと抱きしめた。
 
最近キキの姿を見かけなくなった。
もしかしてキキも保健所に連れて行かれたのかと一瞬ひやっとした。
 
それから1週間後、おなかに包帯を巻いたキキを見かけた。
鈴木さんがこれから赤ちゃんを産めない体に手術をしてくれたのだ。
私は心から感謝した。
この先キキも赤ちゃんも捨てられずにすむという安心した気持ちと、鈴木さん家のネコになってしまったんだというさみしい気持ちとで複雑だった。
正直、とてもうらやましかった。
 
命を守るのは私が考えるほど簡単なことではない。
かわいいと思うだけでは動物は育てられない。
生き物を飼うということは1つの命にきちんと責任を持つことだ。
おもちゃのように捨ててはいけない。
だから、ちゃんと最期まで育ててやれるという自信がなければ飼ってはいけない事を学んだ。
 
今も近所には何匹かの捨てネコがいる。
私はこのネコたちをかわいがってもいいのかどうか、ずっと悩んでいる。
 

 

 

 

 

 
 
※この作文の掲載は本人とそのご家族の了承を得て掲載しています。
ご感想はこちらまで→pikke.simasima☆hotmail.co.jp(☆を@に変更してください)
頂いたご感想は、作者のTさんご本人、ご両親へお伝えいたします。
 
—————————————-
 
小学6年生の女の子にこんな悲しい思いをさせてしまったことに
大人として大変申し訳なく、恥ずかしい思いがします。
早く、殺処分、野良猫をゼロにできるよう、身の引き締まる思いがしました。
作文を書いたご本人も、そのご両親も、
沢山の人にこの作文を読んでいただけること、
この現実を知ってもらえることを望んでおられます。
もしよろしければ、拡散、転載していただければ嬉しいです。
 
このお話を、多くの方に知っていただきたいと思い、ボランティア団体で絵本、または紙芝居にしようという話が出ています。具体的に何からしてよいのか分かりませんが、もし良い方法をご存知の方、いらっしゃいましたらご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
 

 |  2017 年 5 月 19 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 伝えたいこと, 命を尊重する生き方, , 武藤悦子のブログ | 

保護猫日記その(31)✨ママキャット&ベイビーズ✨帰って来たママキャット✨✨✨

「保護猫日記その(31)✨ママキャット&ベイビーズ 帰って来たママキャット★」2014年5月13日(5月12日(30)からのつづき)
2017年4月1日のネネ&ココの3歳の誕生日を記念に、3年前のネネ&ココの誕生のストーリーとその前後の一連の外猫たちの保護活動の記録を振り返り、掲載したいと思います
*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・

 
 
モテモテのそとねこライフを満喫したママキャットのナナちゃん。
二泊の外泊の末、昨夜無事に帰ってきました*\(^o^)/*
 
ナナちゃん&ベイビーズは再会をとても喜んでいました(=^ェ^=)
 
ママキャットのおっぱいを飲んで、甘えて、しあわせそうでした(≧∇≦)
 

 
 
今朝は雨がちだったので、親子で箱の中でまどろんでいました。
 
テレビの後ろにベイビーたちがよく寝ていたので、小さなダンボール(いつものようにAmazonのダンボール(^_−)−☆)に毛布を敷いてあげたら、二匹のベイビーたちはすごく気に入っていました。
 
昨夜から今朝にかけては、その小さなダンボールにママキャットも一緒に入って寝ていました(=^ェ^=)
 

 
 
三匹ともうれしかったんでしょうね(^_^*)
本当にしあわせそうでした☆彡
 
そんなしあわせな朝…。
私たちはある選択をしました。
 

 
 
 
ベイビーズが離乳食だけで大丈夫になったこと、ナナちゃんの発情を含め「いえねこ」生活の限界、私の出張や仕事の兼ね合い、オットやキキララのストレスなどを鑑みると、今日がナナちゃんを捕獲し、避妊手術に連れて行くしかない!ということにオットとの話し合いにより、急遽今朝決まりました。
 

 
 
 
でも、三匹のしあわせそうな姿を見ていると、とても踏み切れません…。
 

 
 
 
ちびねこたちはおかあさんからおっぱいを飲んでいるから大丈夫なのですが、ナナちゃんはかなりおなかがすいているようでした。
 
えさで釣って捕獲器に入れようとトライしてみました。
でも、ナナちゃんは警戒してなかなか奥まで入ってくれません…。
以前のトラウマがあるのかもしれないです。
 
そこで。
捕獲器は無理だなと思い、作戦を変更し、キャリングケースを使用することにしました。
ベイビーズに入ってもらえば、きっとママキャットも入るはずです。
 
キャリングケースにえさをいれて、まずはベイビーズが入ると、すんなりママキャットも入りました‼
 
ブラボー(^ー^)ノ
 

 

 
 
 
でも、そのあとのナナちゃんの暴れようが凄まじく、まさに死闘…(ノ_<)
 
本当にひどいパニックで、私も泣きたくなりました。
 
ベイビーズがまた潰されちゃうんじゃないか、けがをするんじゃないか、本当に心配でした。
 
ほかの用事はすべておいといて、とにかく動物病院に行きました。
 
産後43日での避妊手術は心配でしたが、お医者さまもやるしかないでしょう、ということだったので、お願いしました。
 

 
 
 
ねこは交尾するとほぼ100パーセント妊娠するそうなので、ナナちゃんは確実にもう次の赤ちゃんたちを身ごもっていると思います。
 
ナナちゃんはとても美人で、こねこたちもとてもかわいいです。病院の人たちがおかあさんに似て本当に美人だね〜と言っていました。
 
そんなかわいい子たちがまた生まれてほしい気持ちもありますが、これ以上は難しいのが現状です。
 
今回はたまたま偶然が重なり、うちのリヴィングで出産しましたが、次回はどうなるかわかりません。
 
ナナちゃんは手術をし、以前のように、そとねことして自由に生活し、うちにごはんを食べに来てもらえば、しあわせなのではないかと思います。
 
ベイビーたちは、私の出張中はねこボランティアのMさんに預かってもらい、二ヶ月経ったら、里親さんのおうちに里子にだし、しあわせになってもらおうと思います。
 
今日のナナちゃんの手術が無事に術後の経過も順調であるように祈ります。
 

 
 
 
4月1日のまさにエイプリルフールのような自宅のリヴィングでそとねこが出産をするといううそみたいな出来事も、終盤にさしかかってきたようです…。
 
あー。それにしても、今日の午前中は大変だったな〜(T ^ T)
家事、捕獲&死闘のあと、病院を二往復したあと、ミーティングに走っていきました。
私もそーとーがんばりました(^O^)/
  
続きはまた
 

 

 |  2017 年 5 月 19 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 命を尊重する生き方, , 武藤悦子のブログ | 

才能は天が与えてくれた贈り物~ギフト✨それは天の光、天の美しさの表れです✨✨✨

<✨天からの贈り物~才能(ギフト)✨>
才能は天が与えてくれた贈り物~ギフトです。
それは天の光、天の美しさの表れです。
 
十人十色、みんなそれぞれ自分なりの特色、純粋な光を持って生まれてきます。
それは自分が選び、天が与えてくれた美しい光、ギフトです。
 
人がギフトを表現しているとき、自分の輝きを通して、天の光を放っているのです。
人はその人を通して天の光を観るのです。
だから、人の心を打つのです✨
 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: 伝えたいこと, , , 武藤悦子のブログ | 

保護猫日記その(30)✨ママキャット&ベイビーズ✨やはりネグレクトか⁈

「保護猫日記その(30)✨ママキャット&ベイビーズ やはりネグレクトか⁈★」2014年5月12日(5月11日(29)からのつづき)2017年4月1日のネネ&ココの3歳の誕生日を記念に、3年前のネネ&ココの誕生のストーリーとその前後の一連の外猫たちの保護活動の記録を振り返り、掲載したいと思います
*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・
 
ママキャット、まだ帰ってきません。
 
今朝、家の前にママキャットがいて、周りを四匹の男の子たちが囲んでいました…。
 
女の子をほとんど手術したので、交尾可能なコがいなくなって集中したのだと思います…。
 
みんなで走って行き、その後はまだ姿を見せていないようです。
 
今日の日中、男の子どうしの大げんかがあったらしいです。
 
今度は男の子の大捕獲&手術が必要かもしれません。
 
ベイビーたちは離乳食食べて、元気に遊んでいます(=^ェ^=)
一緒にいて本当に楽しそうです*\(^o^)/*
離ればなれにしたくないなぁ…。
 
続きはまた
 

 

 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 命を尊重する生き方, 武藤悦子のブログ | 

✨あるがままに任せて、こころやすらかに生きていく✨✨✨

《✨あるがままに任せて、こころやすらかに生きていく✨》
ビートルズの曲で有名な「Let it be 」「あるがままにしておきなさい」という意味ですが、もともとは聖書からの引用で、マリアさまが大天使ガブリエルに言った言葉からきています。
 
it は神さまを表し「御心のままになされますように」「神のご意志を受け入れます」という意味になるのだそうです。
 
またポール・マッカートニーが子供時代に亡くなったお母さんの名前がMaryで、ポールが悩んでいる時に、お母さんが夢に出てきたことを歌にしたのだとも言われています。
夢に出てきたお母さんが「なすがままに受け入れなさい」と勇気づけた歌とも解釈できます。
 

 
 
 
・’°:*:・’。.:*:・’°:*:・’。.:*:・’°:*:・’。
  
人生に「起こったこと」や「起こらなかったこと」を受け入れることができない時、人は悩み苦しみます。
 
もしも受け入れることができれば、悩むことも苦しむこともなくなります。
葛藤が苦しみを生むのです。
 
Let it be…
物事をあるがままにしておきましょう。
あるがままにまかせていくのです。
 
人事を尽くして天命を待つ。
できることを、できるときにできるだけ行い、あとは天におまかせしましょう。
 
天は本当に必要なものを与えてくれ、必要でないものは与えられません。
 
本当にそうなるべきことはなるでしょうし、ならないということは、今ある物事が必要だということ。
あるいは、そのときは時期じゃないのかもしれません。
とてもシンプルです。
いいもわるいもありません。
 
「ほしいもの」を「ほしいとき」に「ほしいだけ」ほしい!と望むのが私たちのマインドです。
でも、ほしいものがいつも与えられるとは限らないのです。
 
いずれにしても
Let it be…
あるがままに任せていけば、こころやすらかに生きていくことができるのです。
 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・・*:.。. .。.:*・゜゚*    
  
5月はマリアさまの月です。
 
大天使ガブリエルが手渡した百合の花はマリアさまの純粋さのシンボル。
マリアさまの色はブルー。
信頼を表すカラーです。
信頼して、手放して、純粋に生きていきましょう。
 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: オーラソーマ, カラー, バランス, 伝えたいこと, , 映画のこと エンタメ情報, 武藤悦子のブログ | 

保護猫日記その(29)✨ママキャット&ベイビーズ✨その後✨✨✨

「保護猫日記その(29)✨ママキャット&ベイビーズ その後★」2014年5月11日(5月10日(28)からのつづき)
2017年4月1日のネネ&ココの3歳の誕生日を記念に、3年前のネネ&ココの誕生のストーリーとその前後の一連の外猫たちの保護活動の記録を振り返り、掲載したいと思います
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・
 
野に放たれたナナちゃんは、昨夜帰って来ず…。
今朝も全く姿を見せませんでした…。
スポットニックが来ても、帰る気配は全くなし…。
いったいどこまで行ったんでしょう…。
ベイビーズは時々ママキャットを探して、鳴いていました…。
もう帰って来ないのかな…?
 
写真はママキャットの帰りを待つベイビーズです(=^ェ^=)
 
続きはまた✨
 

 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 命を尊重する生き方, 武藤悦子のブログ | 

「ダヴィンチコード」の元本にもなった本の著者ティム・ウォレス氏が直接聖地を案内してくれます✨✨✨

フランスへのマジカルミステリーツアー「ダヴィンチコード」の元本にもなった本の著者ティム・ウォレス氏に直接聖地を案内していただける特別な機会もご用意しています★ティムさんは著書が多数あり(日本語版もあり)、ナショナルジオグラフィックなどテレビ出演も多数されており、かのグラハム・ハンコックとも親交の深い方です♥
 

 
✨ティムのプロフィール✨
「歴史家・作家。ダブリンのユニヴァーシティー・カレッジで医学を専攻し、精神分析医の資格を取得。世界各国での講演も行っている。『The Mark of Beast』『Rosslyn』『Rex Deus』など、いずれもヨーロッパ諸国で翻訳されたベストセラー 」
 
テンプル騎士団や聖杯伝説、トルバドゥール(吟遊詩人)、タロットや錬金術などのお話もたくさんしていただく予定です。
このような機会はまたとないと思います!
 
ツアーのコーディネートをしてくれている現地在住ハーフジャパニーズのKyokoちゃんがティムとこのツアーのためにミーティングしてくれました。
ティムは「このツアーでは訪れる場所のエネルギーを感じることが大切です」と言っています!
ティムと瞑想したり、エネルギーを感じる特別なワークも行いますよ♪
そしてみんなで訪れる場所にて、大地や水に、かつてそこに住んでいた人たちに、その地に日本に世界にガイアに祈りを捧げます。
*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 
ルルドの泉、聖母マリアとマグダラのマリアや女神イシス、カタリ派の聖地を訪ねる祈りと癒し、浄化のスピリチュアルな旅「失われたブルーを探して✨イエロー(怖れ)を超えてブルー(やすらぎ)を 聖なる女神に出会う旅♥」
カタリ派やトルバドールにも関連した場所も訪ねる予定です。
 
カタリとは「清浄なもの」を意味し、カタリ派の人々はトゥールーズのあたりで世俗から自らを断ち切り、自らの信じるスピリチュアリズムを実践していました。教会という媒介を通さずに直接神を知ることができるという考えから、教会勢力に押され、迫害を受けたのです。カタリ派には「外部の人間がカタリ派の地を癒す」という言い伝えもあるそうです。私たちの祈りが癒しの一翼を担うことができるかもしれません。
 
吟遊詩人(トルバドール)は、中世ヨーロッパ、歌や踊りで真実を表現しながら旅をした人。その歌や踊りには当時異端とされたスピリチュアルな真実が含まれていました。教会勢力が強く、吟遊詩人たちは異端審問され、迫害されました。
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 
「失われたブルーを探して★イエロー(怖れ)を超えてブルー(やすらぎ)を♥聖なる女神に出会う旅」
 
6月23日の夜便でフランス入りし(チケットも安く!体も楽)24日は1日トゥールーズで観光がプラスされることになりました❣️(トゥールーズ観光の後にもしかしたらルルドの泉近くに宿泊するかもしれません❣️詳しくはわかり次第アップします❣️)
帰りも30日朝に出て、パリに立ち寄り、奇跡のメダイ教会に立ち寄ります。
 
⭐️申し込みの締め切りはKyokoの努力により5月末になりました❣️今からでもまだ間に合いますよ❣️
⭐️チケットは10万くらいからあるようです❣️(一時期より下がってますよー❣️)
⭐️ご検討中の方はそろそろお申し込みをお願いします♥悩み中の方もまずはご連絡くださいね!
⭐️分割払いやチケット手配のご相談承ります。
 

*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・゜゚・*
 

 
 
ルルドの泉、聖母マリアとマグダラのマリアや女神イシス、カタリ派の聖地を訪ね、癒しと浄化もテーマに、聖なる水や泉、塩に関する場所も巡ります。
この地方で取れるパステルという植物は、イエローのお花なのですが、そこから取れる染料はブルーです。そこにインスパイアされて、このツアーを行うことになりました。パステル染の体験もいたします。
 
さらに、シャーリー・マクレーンも推薦するアニ・ウィリアムズさんは、かつてはセドナに住み、オーラソーマを愛好し、現在はフランス在住のすばらしい女性です。
聖地でのハープ演奏やサウンドヒーリング体験とマグダラのマリアについてなどのお話をしていただく予定です。
 
中世の街並みや大聖堂で有名な世界遺産にもなっているカルカッソンヌやノストラダムスの住居もあるアレ・レ・バン、レンヌ・ル・シャトー、トゥールーズなども訪れますが、それだけではありません。
巷には知られていないパワースポットや聖地を、すべて専門家の案内(通訳あり)付きで巡ります。
普通の観光ツアーにはない、ミステリアスでスピリチュアル、オリジナルでスペシャルなフランスの旅です。
 
1日目のみエアポート近く(ルルドに変更予定)のホテルに滞在しますが、それ以外は同じホテルに滞在し、そこから毎日専用車で廻るので、快適です。
ディナーはホテルのレストランでいただくので、毎日おいしいお料理をいただいたあとは、面倒な移動もなく、すぐにおやすみいただけます。1人部屋で気兼ねなくゆっくりおくつろぎください。
ほかにも地元の人だけが知るおいしいレストランも厳選していますから、そちらも楽しみにしてください。
「ダヴィンチコード」で有名な謎の司祭ソニエールのお庭だったレストランで食事もいたします。
 
もちろん、ショッピングもお楽しみいただけます。
ルルドの泉近くにもホーリーグッズのお店がたくさんありますし、マルシェに出かけたり、クリスタルショップや地元のかわいいお店にも参ります。
日にちが決まっているフランスのサマーセールですが、初日にすてきなものがたくさんあるショッピングモールに出かけます。
 
私の古い友人のKyokoがこのツアーをすべてガイドいたします。彼女はフランス在住のハーフで4カ国を話しますので、フランス語が話せないとかなり大変なフランスですがご安心いただけます。
 
彼女が住んでいる南西フランスは本当にすてきな場所です。すばらしいエネルギーの聖地がたくさんあります。しかも、地元の人しか知らない特別な場所に連れて行ってもらえます。
 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: オーラソーマ, フランスミステリーツアー, 武藤悦子のブログ | 

✨まずはやってみましょう✨✨✨

<★まずはやってみましょう★>
人は何かをできるようになると、そのことが好きになります♥
できないとそのことがきらいになってしまうのです。
きらいなモノやコトが多いと生きることが楽しくないですよね。
 
だから、まずやってみることが大切です★
 
やってみましょう✨
トライしてみましょう✨
 
なんであれエネルギーをかけたものが育ちます!
エネルギーを注ぐことが大切です。
 
注ぎ続けることにより、苦手だったこともできるようになって、好きになるかもしれませんよ♪
 
そして「継続は力なり」です✨
 
始めることは意外に簡単できるのですが、続けることって、実はなかなかエネルギーがいるものなのです。
 
人生にゴールはありません✨
すべてはプロセスにしかすぎません✨
 
ゴールを目指すよりもプロセスを楽しみましょう✨
 
自分が持って生まれてきた種に、水と肥料を与え続ければ、いつか大きな花を咲かせることができるでしょう★
 
そして、いつか花が枯れる時が来ても、それさえも受け入れられるようになるでしょう♥
 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: 伝えたいこと, , 武藤悦子のブログ | 

保護猫日記その(28)✨ママキャット&ベイビーズ✨ストレスMAX✨✨✨

「保護猫日記その(28)✨ママキャット&ベイビーズ ストレスMAX★」2014年5月10日(5月10日(27)からのつづき)
2017年4月1日のネネ&ココの3歳の誕生日を記念に、3年前のネネ&ココの誕生のストーリーとその前後の一連の外猫たちの保護活動の記録を振り返り、掲載したいと思います
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・
 
昨夜からママキャットのナナちゃんは家の中に居続けなきゃいけないストレスと発情しているせいで、くるったように鳴きつづけていました。
 
本人(ねこ)もオットもみんなストレスMAX(^_^;)(ノ_<)
 
ねこボランティアのMさんと相談して、赤ちゃんがいるからきっとまた帰ってくるだろうからいったん外に出してみましょうということになりました。
 
ナナちゃんは本当に鬼気迫るほどの緊迫した感じで、このままではおかしくなりそうないきおいでした…。
 
悩みましたが、思い切って網戸を開けて見ました。
 
今日もまたナナちゃんが大好きな彼のスポットニックが来ていたので、いそいそと出ていき、しばらく二匹で遊んでいました。
 
夜には帰って来てほしいです!(願)
 
ベイビーたちは、ママキャットがいないため冷えるといけないので、湯たんぽをセットしました。
 
家の中で迷子にならないように、サークルの中に入れました。
離乳食、ミルク、水も用意したので、ベイビーたち、ママキャットがいなくても快適に過ごせるようにセットしました。
 
今から急いで帰ります!
どうなっているか、心配です…。
続きはまた明日!
 

 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 命を尊重する生き方, 武藤悦子のブログ | 

保護猫日記その(27)✨ママキャット&ベイビーズ✨トイレは完璧✨✨✨

「保護猫日記その(27)✨ママキャット&ベイビーズ トイレは完璧★」2014年5月10日(5月8日(26)からのつづき)
2017年4月1日のネネ&ココの3歳の誕生日を記念に、3年前のネネ&ココの誕生のストーリーとその前後の一連の外猫たちの保護活動の記録を振り返り、掲載したいと思います✨
*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・
 
ねこってエライ!
こんなにちっちゃいコでもちゃんとトイレに行けるんです*\(^o^)/*
 
どのねこたちもトイレに関しては、本当に完璧ですね(^_^)v
 
わざわざ教えなくても、ちゃんとわかって自力でトイレに行きます(^ー^)ノ
 
以前はチロととらちゃんもうちに乱入し、勝手にトイレを使って帰っていったことがあります(^_^;)
 
二匹のこねこたちも、トイレは完璧です☆〜(ゝ。∂)
 

 

 

 

 

 

 

 

 |  2017 年 5 月 18 日 |  記事のURL |  カテゴリー: ねこ大好き キラキラ通信 & 動物, 命を尊重する生き方, 武藤悦子のブログ | 

プロフィール

武藤悦子
ハートと癒しのスクール(有)ディヴァ・ライト代表
英国オーラソーマ社公認ティーチャー&カラーケアコンサルタント
セラピスト養成ティーチャー
ブリッジコース教授資格を持つ世界で5人のオーラソーマティーチャーのひとり。
日本のオーラソーマ界をリードする草分け。
各種セラピーに精通し、セラピストとしても二十年以上のキャリアを持つ。
女神や天使、カラーやクリスタル、リヴィングエナジーフードなどさまざまなオリジナルセミナーを開催。
セッションやセミナーの受講者は5千人を超え、著名人にもファンが多い。
「オーラソーマパーフェクトガイド」他、多数の著書や雑誌掲載あり、海外で翻訳出版されるなどインターナショナルに活躍中。
たしかな知識と洞察と愛ある内容で多くの信頼を得ている。

>> DivaLight Official HP

過去の記事

© Copyright 2002-2009 Diva Light Co.